○○オリゴ糖とは?

コンドロイチン硫酸オリゴ糖って何でしょう? 分かり易く解説します!


まずは・・・オリゴ糖とは何でしょう?

 

オリゴ糖と言われてまず思い浮かべるのは、スーパーなどで売っているオリゴ糖シロップみたいなお腹に良いと言われている甘味料ではないでしょうか?

 

このオリゴ糖は、成分名を見ていただけますとわかりますが、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、などであることが多いです。

 

ということは、オリゴ糖にも種類があるという事です!

 

フラクトオリゴ糖は、フルクトース(果糖)、ガラクトオリゴ糖は、ガラクトース(乳糖)、イソマルトオリゴ糖はイソマルト―スでできています。

 

そして、「オリゴ」の意味ですが、「オリゴ」とはギリシャ語で「少ない」という意味で、直訳しますと オリゴ糖 = 少糖 ということになります。

 

まだ良くわかりませんね・・・・

 

糖はひとつのブロック(分子といいます)でできていて、それが長くつながることができます。

 

ブドウ糖(グルコース)は1個の分子で、数百個とか長くつながると(重合といいます)お馴染みのデンプンとかグリコーゲンになります。

 

ということでオリゴ糖とは、糖が数個〜十数個程度つながったものをいいます。

 

 

「オリゴ糖」とは甘いシロップのことではありません!

 

よって、構成する糖の種類が、コンドロイチン硫酸であればコンドロイチン硫酸オリゴ糖、ヒアルロン酸であればヒアルロン酸オリゴ糖、といいます。


ホーム RSS購読 サイトマップ