丸共水産株式会社

グループ会社 : 丸共バイオフーズ株式会社

エイ軟骨由来コンドロイチン硫酸オリゴの抗肥満効果が論文化されました!

エイ軟骨由来コンドロイチン硫酸オリゴおよびエイ軟骨由来コンドロイチン硫酸(高分子)による抗肥満効果についての論文が北海道大学大学院水産科学院より発表されました!

 

論文概要はこちら   https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30926001

 

この研究は、カスべ軟骨由来コンドロイチン硫酸の抗肥満効果を明確に示しています。
in vitroおよびin vivo試験によって、カスべ軟骨由来コンドロイチン硫酸オリゴ糖には腸でのトリグリセリドの吸収を阻害するリパーゼ阻害活性、脂質の蓄積を減らすための脂肪細胞抑制活性を持っています。これによって、高脂肪食マウスの体重増加を制御することが証明されました。

さらに、高脂肪食によって引き起こされる、腸管タイトジャンクションの弛緩によるエンドトキシン(細菌毒素)の血中への移行を防ぐ効果も明らかとなっています。

 

【概要】
コンドロイチン硫酸の分子量の違いは、カスべ由来コンドロイチン硫酸の抗肥満効果についての作用機序の違いをもたらします。
高分子コンドロイチン硫酸(腸内で吸収できないCS多糖類)は、強いリパーゼ阻害活性によって腸での食餌性脂肪吸収を阻害します。
一方、コンドロイチン硫酸オリゴ糖は腸管で吸収されやすく、脂肪細胞を抑制し脂質蓄積の低減をもたらします。
これらの結果は、両方のコンドロイチン硫酸を含む処方によって、抗肥満を目的とする機能性食品に効果的と思われます。

コンドロイチン硫酸オリゴがヘルシーDo認定素材となりました!

コンドロイチン硫酸オリゴが北海道食品機能性表制度(通称 ヘルシーDo)認定素材として登録されました!

 

コンドロイチン硫酸オリゴ100mg/dayを配合した商品は、最終形態での分析方法が確立されていれば、ヘルシーDo認定を受けることが可能です!

 

コンドロイチン硫酸オリゴはたいへん水に溶けやすく加熱安定性もあるため、サプリメント形態のみならずドリンクなど様々な食品に配合可能です。

 

どうぞよろしくお願いいたします!!

最新研究報告 ガンギエイ由来ムチンに有用腸内細菌を増やす驚きの新発見!

静岡大学農学部応用生物化学科食品栄養化学研究室との共同研究によって、ガンギエイ由来ムチン(GPSM)には腸内細菌のうち「アッカーマンシア ムシニフィラ」をきわめて特異的に増殖させる効果があることがわかりました。
この成果は、『新規ムチン型糖タンパク質およびその用途』 として特許出願しております。

 

アッカーマンシア ムシニフィラ菌は、腸内細菌の中でも特異的な細菌で、近年ではやせ型の人の腸内で多く、肥満型の人の腸内では非常に少ないことから、やせ菌として話題となっています。
また、肥満予防効果の他に、U型糖尿病や大腸炎の改善にも効果があるとの報告もあり、最近たいへんな注目を集めています。

 

この成果は、日本食物繊維学会第24回学術集会で発表されました。

 

追って、研究データを紹介していきますのでご期待ください!

コンドロイチン硫酸オリゴ糖のロコモティブシンドローム改善効果

コンドロイチン硫酸オリゴ糖のロコモティブシンドローム改善を研究した論文が発表されました。

 

Daily Oral Chondroitin Sulfate Oligosaccharides for Knee Joint Pain in Healthy Subjects: A Randomized, Blinded, Placebo-Controlled Study
, Mie Nishimura, Nobuyuki Miyamoto, Jun Nishihira , The Open Nutrition Journal, 2018, 12,10-20

 

論文はこちら   https://www.benthamopen.com/ABSTRACT/TONUTRJ-12-10  

 

投与量わずか100mg/day/man で以下の効果が確認されました!

 

【概要】
日本における人口高齢化率の増加は、変形性関節症(OA)の発生率の増加につながっています。コンドロイチン硫酸は、OAに伴う痛みと腫れを軽減し、膝の機能を改善することが報告されています。

 

我々は健康な日本人の膝関節痛患者を対象とした無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験において、経口コンドロイチン硫酸オリゴ糖の膝機能に対する安全性と効果を評価しました。

 

被験者はランダムに試験群とプラセボ群に分けられ、100 mgのコンドロイチン硫酸オリゴ糖を含む活性試験カプセルまたはプラセボカプセルが8週間毎日投与されました。日本変形性膝関節症測定(JKOM)、視覚アナログスケール(VAS)、血液および身体検査、および問診は、0、4、および8週目に実施しました。

 

JKOMスコアは、テストグループ間で有意差はありませんでしたが、VASスコアが悪い被験者群では、8週間の時点で、コンドロイチン硫酸オリゴ糖投与群の被験者のJKOMスコアが、プラセボ投与群の被験者と比較して有意に低値となりました。さらに、コンドロイチン硫酸オリゴ糖投与群では、ロコモティブシンドロームのリスクを評価するスタンドアップテストでの被験者のスコアを改善する傾向がありました。 投与期間中において、身体検査、血液検査または問診において、異常または重篤な有害事象は観察されませんでした。

 

 

【結果】
■コンドロイチン硫酸オリゴ糖の投与によって、膝関節の状態が有意に改善された

■ヒトでのコンドロイチン硫酸オリゴ糖の摂取について、安全性が確認された

コンドロイチン硫酸オリゴ糖はマトリカイン(細胞外基質分解生成物)として働く!!

マトリカインは組織修復のスイッチを入れる

 

コラーゲンが分解してできる特定のコラーゲン由来ジペプチド(Pro-Hyp)やトリペプチド(Gly-Pro-Hyp)は、体内で組織が傷害されたことを示すメッセージ物質として働き、組織の修復を促すスイッチを入れることがわかってきました。

 

これはあたかもサイトカインというシグナル伝達物質のような働きであることから、マトリカイン(マトリクス+サイトカイン)と呼ばれています。

 

しかしながら、軟骨組織などはコラーゲンの他にもコンドロイチン硫酸を豊富に含んでいますので、組織がダメージを受けている状態では、コラーゲンペプチドの他にもコンドロイチン硫酸の分解物であるコンドロイチン硫酸オリゴ糖が放出されると考えられます。

 

したがって、コンドロイチン硫酸オリゴ糖は、コラーゲンペプチドと同様のシグナリングを行う、マトリカインとして働くと思われます。

 

このマトリカインという考え方が、コンドロイチン硫酸オリゴ糖の有効性を示す根拠の一つとなっています。

 

我々の研究チームでは、ヒト介入試験を実施し、これらの検証を行いました。この論文は近日公開予定です。どうぞご期待ください!

札幌ファインケミカル研究所にて糖鎖オリゴマー生産開始式開催!

2017年6月16日 弊社札幌ファインケミカル研究所にて糖鎖オリゴマーの生産開始式が執り行われました。 当日は報道各社をはじめ、諸官庁、研究機関、企業関係者ら約60名にご参加いただき、盛大に開催されました。 これによって、糖鎖オリゴマー製品の第一弾として、コンドロイチン硫酸オリゴ糖(商標名:ナノ型コンドロイチン)の生産・供給を開始しました!

 

丸共水産株式会社 丸共水産株式会社

ファインケミカル事業部

平成27年度 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の研究開発事業における低分子化糖鎖の実用化研究は、このほど無事終了しました。
新しい研究成果にどうぞご期待ください!

 

北海道新技術・新製品開発賞 大賞受賞

製法特許取得

 

世界初のマイクロ化学プロセス処理法による

コンドロイチン硫酸オリゴ糖の量産技術開発に成功!

 

冷凍事業部

丸共水産株式会社

加工食品事業部

丸共水産株式会社

 

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ